つゆほども後悔せず。19人を殺害した障害者施設襲撃犯ショッキングな供述

© REUTERS / KyodoПолицейский на месте резни в доме инвалидов в Японии
Полицейский на месте резни в доме инвалидов в Японии - Sputnik 日本
26日、神奈川県相模原の障害者施設を襲撃し、19人を殺害し26人を負傷させた植松聖容疑者は、捜査官らに「自分は、多くの病気を持つ重病人を救った」と述べ、自分の行為を悔いていない。

東京郊外での障害者施設襲撃事件 - Sputnik 日本
東京郊外での障害者施設襲撃事件 1945年以来最悪の血塗られた惨事
水曜日朝、植松容疑者は、車で検察へ移送された。その際彼は、取材に詰めかけた記者たちに陽気に微笑み、後悔したり当惑したりする様子を見せなかった。

深夜の尋問の中で、植松容疑者は「たくさんの問題を抱えた重病人を救いたかった」と述べ、後悔や懺悔の言葉を口にすることはなかった。

その一方で彼は「亡くなった方達の家族の皆さんに、突然の別れを強いたことに対して心から謝罪したい」とも述べている。

先に伝えられたところによると、「世界が平和になりますように」植松容疑者、ツイッターに投稿した。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала