学者:人類の祖先は正体不明の生物と交配した

© AFP 2022 / Cesar MansoNeanderthal
Neanderthal - Sputnik 日本
東南アジア、オーストラリアそしてオケアニアに住む人のゲノムの中に正体不明の生物のDNAの断片が発見された。この生物は、絶滅した種の可能性がある。論文は科学誌ネイチャー・ジェネティクスに掲載された。

火星 - Sputnik 日本
火星からの写真で貝に似た物体発見
オーストラリア先住民含むオーストラリアのアボリジニ、パプア人、アンダマン諸島とインドの住民らの数10の代表のゲノムの高度な解析により、Homoという種が見つかった。Homoは人類の遠い先祖と交配した。これはアフリカから太平洋に向けての人の大移動の際に起こったと仮定されている。

研究者によると、人類の祖先はホモ・サピエンスの前身ホモ・エレクトスと交配した可能性があるという。しかし、ホモ・エレクトスのDNAがないため、」これを特定することはうまくいっていない。
先に伝えられたところによると、中国の研究者は人間の遺伝子を改変する技術を試す準備。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала