ロシアと韓国の学者 マンモスのクローン作成に着手

ロシア北東連邦大学内に世界マンモスセンターができれば、ヤクート・サハ共和国と韓国の学者達がマンモスのクローン作りに取り組む大きな助けになるだろう。ロシアのメディアが伝えた。

マンモス - Sputnik 日本
ミシガン州、お百姓さんが耕しておりますと、土の中からマンモスだぁ~
報道によれば、世界マンモスセンターは、将来、ロシアを代表する巨大な総合学術研究施設になるばかりでなく、観光名所にもなるに違いない。センターは、展示品を集めた博物館と、永久凍土帯の中に作られた地下実験室が一緒になったユニークなものとなるからだ。

北東連邦大学と韓国バイオテクノロジー研究基金との協力は、2012年から始まった。マンモスのクローン作りのために生きた細胞を探す共同調査隊や、学術プロジェクト「マンモス復活」が組織されている。

現在学者達は、マンモス再生作業の初期段階にある。

先に伝えられたところによると、学者らは10年後にマンモスを復活させ、シベリアに移住させることを約束した

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала