原油価格、FRB決定受け上昇

© Sputnik / Maksim Bogodvid石油
石油 - Sputnik 日本
米連邦準備制度理事会(FRB)の決定によって引き起こされた米国通貨の下落を受け、世界の原油価格が木曜、上昇している。

サウジアラビア 原油在庫を2014年8月以来の低水準にまで減少 - Sputnik 日本
サウジアラビア 原油在庫を2014年8月以来の低水準にまで減少
北海ブレントの10月先物は0.20%増加、バレルあたり44ドルに。WTI9月先物は0.24%増加、バレル当たり42.02ドルになった。

FRBは水曜、7月分の会合で、基準金利を年率0.25から0.5%に保った。しかも、この先も当面現在のレベルを保つことを排除しなかった。

この決定は米国通貨の下落を引き起こし、それがドル建てで取引される原油の価格にプラスの影響を与えた。

先にモルガン・スタンレーのアナリストが述べたところによると、石油産業はまたも困難とぶつかり、原油価格は16年後半期にまたもや落ちて、17年中ほどまで停滞する可能性がある。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала