ゴールドマンサックス、16年度下半期の原油供給不足についての予測修正

© AP Photo / Richard Drew The Goldman Sachs Booth at the New York Stock Exchange
The Goldman Sachs Booth at the New York Stock Exchange - Sputnik 日本
16年度下半期の原油供給不足は1日23万バレルとなると、ゴールドマンサックスは予測している。

石油 - Sputnik 日本
原油価格、FRB決定受け上昇
上記のようにゴールドマンサックスは、原油供給不足は1日38万バレルだという5月に出した予測から修正した。

17年中ほどまで原油は1バレル=45から50ドルの域で売られるとアナリストは考えている。
ブルームバーグはゴールドマンサックスのアナリストの次の意見を掲載した。

「米国外の経済的不安定さを受けた今後のドルの伸びとFRBによる利上げの可能性は、原油価格低下の短期的なリスクを生む」

もし原材料の世界的需要低迷か、中国の石油埋蔵量増加の予期せぬ急な終わり、もしくはリビアとナイジェリアの石油採掘量の伸びが起これば、1バレル=35ドルに原油価格が低下する可能性はある。そうアナリストは述べた。

先にモルガン・スタンレーのアナリストが述べたところによると、石油産業はまたも困難とぶつかり、原油価格は16年後半期にまたもや落ちて、17年中ほどまで停滞する可能性がある。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала