ウクライナ議員サフチェンコ氏、米空挺部隊と休暇を取っていた

© AP Photo / Sergei Chuzavkovウクライナ議員サフチェンコ氏、米空挺部隊と休暇を取っていた
ウクライナ議員サフチェンコ氏、米空挺部隊と休暇を取っていた - Sputnik 日本
ドンバスでロシア人ジャーナリストを殺害したとしてロシアで有罪とされ、のちプーチン大統領の恩赦を受けたナジェージダ・サフチェンコ氏は、オデッサの米国船で休暇をとっていた、と述べた。

ポロシェンコ大統領 - Sputnik 日本
ウクライナ大統領に、全議員の首吊る要請
米国船は米ロ軍事演習「シーブリーズ2016」に参加していた。サフチェンコ氏が「112ウクライナ」テレビに語ったところでは、先週、彼女は「議員は皆休暇に入っており、せめて1週間でも人々から遠ざかろうと、オデッサに行くことにした」。そこで議員は米海軍の船を訪れ、空挺部隊とともに一日を過ごした。

ナジェージダ・サフチェンコ氏はウクライナ軍人で、Mi-24のナビゲーター・オペレーターであり、2014年11月からはウクライナ国会の議員も務める。ロストフ州(ロシア)のドネツク市裁判所によってルガンスク郊外で2014年6月17日に行われた「全ロシア国営テレビ・ラジオ放送会社ジャーナリストの殺害に関与」したとして懲役22年を言い渡され、名が知られるようになった。2016年5月25日にはロシア大統領令によって赦免、故郷に戻された。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала