汚れた空気に触れると色が変化するTシャツ開発(動画)

© 写真 : Aerochromics汚れた空気に触れると色が変化するTシャツ開発
汚れた空気に触れると色が変化するTシャツ開発 - Sputnik 日本
ブルックリンのデザイナー、ニコラス・ベンテル氏が、Aerochromicsと呼ばれる長袖の「スマート」Tシャツのラインを立ち上げた。健康に有害な物質が空気中に一定濃度あることを検出したとき、自動的に色と幾何学模様を変え、着用者に警告するもの。

シリーズは異なる「能力」をもつ3つの Tシャツで構成される。それぞれ一酸化炭素、粒状物質による大気汚染、放射性物質を測定する。仕組みはそれぞれ異なっており、一酸化炭素を「感じる」Tシャツは、加熱素子を活性化し、白のドットを黒に染め、粒子を検出するものは、2つの小さなセンサーを有している。

商業的見通しは必ずしも明るくない。一枚500ドルと高価であり、模様が急に変わったといって着用者が何かをできるわけではない。それでも環境汚染の問題と自らの吸入する空気の質に人々の注目を集める効果はあるだろう。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала