中国は日本のスパイを捕まえているのか?それとも日本に精神的圧力をかけているのか?

© AFP 2022 / Kazuhiro Nogi中国は日本のスパイを捕まえているのか?それとも日本に精神的圧力をかけているのか?
中国は日本のスパイを捕まえているのか?それとも日本に精神的圧力をかけているのか? - Sputnik 日本
中国で日中交流団体の幹部の日本人男性が拘束された。団体は7月11日にシンポジウムの開催などについて中国側と協議するために北京を訪れた。拘束された男性の名前は公表されていないが、男性と連絡が取れなくなったという。日本外務省は、中国側に面会を求めている。

ウラジーミル・プレシャコフ - Sputnik 日本
アーカイブから人気番組:これがロシア人!東京の正教会神学校は「スパイ養成所」だったのか?ウラジーミル・プレシャコフ
28日、菅官房長官は記者会見で、中国で日本人男性が拘束されたことを認めたが、スパイ容疑への関与は否定し、「日本政府はいかなる国に対しても、そうした活動に従事してはいない」と述べた。なお中国では2015年だけでも4人の日本人がスパイ容疑で拘束されている。また中国国家安全部によると、習近平氏が中国の国家主席に就任した2012年から、10人の日本人が同じくスパイ容疑で拘束された。中国側の指摘では、拘束された日本人たちは主に政治構造や外交コンタクト、中国の軍事産業、北朝鮮情勢などに関する情報収集活動を行なっていたという。なお日本は諜報活動への関与を否定し、拘束は日本へ圧力をかけるための手段だと主張している。

モスクワ大学政治学部の教授でロシア安全保障会議付属科学評議会のメンバーでもあるアンドレイ・マノイロ氏は、今の状況について次のようにコメントした-

「日本人がスパイ活動をしたはある。なぜならこのようなチャンネルをあらゆる国の諜報機関が利用しているからだ。もしそうだとしたら、もちろん彼の任務には諜報員と会うことも、何らかの機密情報を渡すことも含まれていない。このような人たちの任務は、政治エリートや様々なポストに就いている特定の役人たちの調査だ。一般的にそのような人々に関する書類はすでに存在している。豊富な経験を持つ諜報機関の職員であれば、人物の完全な心理的肖像画を描くために2-3回個人的に会うだけで十分だ。知られているように、中国は今汚職対策を実施している。そのため、もし役人の評判を落とすようなデータが存在した場合、これはその人物を自分の側に引き入れるための前提条件となる。一方で一般的にこのような種類の出来事は、常に国同士の間で行なわれている政治ゲームに関わっている。そのため中国当局の行動が両国の領有権争いと関係している可能性も排除してはならない。関係が悪化したり、あるいは故意に悪化させる必要がある場合、通常は対立する側の人間がスパイ容疑で拘束され、時にそれは後に追放、PR効果、またマスコミへの違法行為に関する情報漏洩などを伴うことがある。そしてこれは、圧力をかけるための効果的な手段となっている。例えば、双方が何らかの出来事に関係しており、何かしらの考え方や価値観、また相互理解や交渉の調整を求めていることなどを発表しているとする。スパイの拘束は、一方の側に他方をフェアプレーではないとして非難するチャンスを与える。すなわち事実上、相手を騙しているということだ。そしてこれは関係発展にとって深刻な影響を持つ可能性がある…」

以前、中国人や外国人が旅行で訪れる中国の南ジ島で日本人が拘束された。中国のマスコミは、観光客の中に中国が2014年から島で建設を始めた軍事施設に関心を持つ外国のスパイがいる可能性があると報じている。多くの専門家たちは南ジ島について、島からわずか300キロの尖閣諸島周辺での日本の船舶の移動を監視する場所として非常に便利だとの見方を示している。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала