日本銀行の金融政策の決定後、金の価格が上昇

金曜朝、日本銀行の金融政策の決定後米国通貨の価格が急激に減少したことを受け、金の価格が急上昇している。

日本銀行 - Sputnik 日本
日銀、マイナス金利政策の維持を決定
日本時間14時8分現在、ニューヨークCOMEX取引所での12月の金先物は3ドルまたは0.22パーセント価格が上昇し、トロイオンス当たり1344.1ドルになった。

金価格は日銀の会合の結果が発表されるに先立ち、トロイオンス当たり1335ドルと一日の最低まで落ちたが、発表直後、トロイオンス当たり1351ドルと一日の最大値に急騰した。

銀の9月先物価格は0.24パーセント増加、オンス当たり20.24ドルになった。

先に伝えられたところによると、米連邦準備理事会(FRB)の決定に対する投資家達の期待を背景に、金の価格が下がっていた。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала