未知の生命体が太平洋海底で発見される

© Flickr / Derek Keats未知の生命体が太平洋海底で発見される
未知の生命体が太平洋海底で発見される - Sputnik 日本
カリフォルニア沿岸からハワイの間にある深海の断裂帯であるクラリオン - クリッパー海域で以前は知られていなかった生命体が豊富にいると明らかにした。科学誌サイエンティフィック・レポートで掲載された。

アルタイ山脈で「スニーカー」を履いた1500年前のミイラ発見 - Sputnik 日本
アルタイ山脈で「スニーカー」を履いた1500年前のミイラ発見
クラリオン — クリッパー海域はおよそ4000キロの深さで、そこには光は届かず、水温は摂氏0度を少し超えるだけだ。

海洋学者はこの海域での大規模な鉱物発掘が開始する前に調査することを決めた。

海底鉱物資源開発社UK Seabed Resourcesに依頼された学者は13年に行われた調査で、12の生命体をクラリオン・クリッパー海域で発見した。うち7つは全く未知の生物で、さらにその内2つは単なる新種ではなく、新たな属か、新たな科でさえあるという。研究者によると、豊富な未知の生物がここにいることはマンガン団塊というまさに特異な環境と関係しているという。

先に伝えられたところによると、カリフォルニア沿岸の海底で謎の紫の球体が発見された

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала