プラハの空港でミツバチが「働く」

© Fotolia / Сasfotoardaプラハの空港でミツバチが「働く」
プラハの空港でミツバチが「働く」 - Sputnik 日本
約30万のミツバチが ヴァーツラフ・ハヴェル・プラハ国際空港の大気の質を監視する手伝いをしている。チェコのTýden紙が報じた。

赤ちゃん - Sputnik 日本
チェコ 有給の「父親育児休暇」導入へ
専門家によると、ミツバチはパイロットを邪魔する可能性のある鳥のようなものとは違い、空港の仕事に干渉しないという。

空港のミツバチは年間およそ100キロの蜂蜜を作る。販売にはこれでは足りない。

養蜂業者は次のように述べた「私たちは蜂蜜を小さなビンに集めて、個人的なことに使っている」。

空港産の蜂蜜と花粉は定期的に食品分析研究所に分析のため送られる。いまのところ環境への否定的な影響見つかっていない。蜂蜜と花粉はベビーフードのため設定された基準を満たし、賞すら受け取っている。

先に伝えられたによると、ベトナムの税関職員は中国女性のパスポートに罵言を書きつけた

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала