中国 日本の防衛白書に厳しい反応

「中国は、昨日発表された防衛白書に関連し、日本に厳しい意見を伝えた」-水曜日、中国外務省の華春瑩報道官は、このように述べた。

中谷防衛相 - Sputnik 日本
日本を脅かすのは誰か:中国、北朝鮮、またはロシア?「白書」が答える
中国外務省のサイト上では、次のように述べられている-

「日本の新しい防衛白書の中では、中国の国防建設とその行動は、根拠のない批判にさらされ、内政に対する無責任な発言がなされている。中国は、これに関連して、激しい不満を表明し、日本に対し厳しい意見を伝えている。」

華報道官によれば、中国には、ジャオユイダオ(日本名:尖閣諸島)周辺を移動する奪う事の出来ない権利があり、空と海での移動は、国際法及び国内法に立脚して行われている。

その際、華報道官は、改めて次のように強調した-

「中国政府は、南シナ海の問題に関するハーグの仲裁裁判所の決定を受け入れていないが、今後もあらゆる関係当事国との対話を通じて紛争を解決し、アセアン諸国と共に南シナ海の平和と安定を守ってゆくつもりである。」

先に伝えられたところによると、日本の今年度の防衛予算は、386億円増え4兆8600億円となった。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала