米石油協会のデータを受け原油価格は穏やかに上昇

© AP Photo / Nabil al-Jourani米石油協会のデータを受け原油価格は穏やかに上昇
米石油協会のデータを受け原油価格は穏やかに上昇 - Sputnik 日本
米国内の原油の備蓄量が減っているとの米石油協会(API)の情報を受け、原油の世界価格が穏やかに上昇している。なお昨日、ドルは急落した。

クウェートでガソリンが80%も値上がり - Sputnik 日本
クウェートでガソリンが80%も値上がり
日本時間で13時42分の段階で、北海ブレント原油の⒑月先物取引価格は、0,41%上がり1バレル=41,97となった。またWTI(米国産標準油種)の9月先物取引価格は、0,51%上がり1バレル=39,71となった。

米石油協会にデータによれば、米国内における原油の備蓄量は、先週134万バレル減少した。この量は、分析専門家の予想と完全に一致した。現在、投資家達は、米エネルギー省の備蓄量データ公表を待っている。

前に米国の銀行バンク・オブ・アメリカ・メリル・リンチ資源主任分析員フランシスコ・ブランシュ氏がブルームバーグテレビのインタビューで語ったところによると、原油価格の下落はバレル当たり38~40ドルで下げ止まり、年末までに50ドルを超える

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала