登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

学説:地球上の生命の出現は時期尚早だった

フォローする
宇宙論の観点からは、地球上の生命の出現は時期尚早だった。他の惑星で生命が誕生するのは、これよりずっと後になる。ケンブリッジのハーバード・スミソニアン天体物理学センター(米国)の天文学者アブラハム・ローブ氏が述べた。

準惑星ケレスの新しいビデオが作られる - Sputnik 日本
ケレスに2つの巨大なくぼみ
地球における生命誕生は早すぎ、地球近傍の惑星に生命はあり得ない。「生命誕生が最も期待されるのはいつかという点について、その時代はもう来ていると考えるのはナイーヴ過ぎる。それは違う。生命誕生のチャンスは宇宙の歴史がずっと下ったとき今よりはるかに高くなるということが分かった」。「コスモロジー・アンド・アストロパーティクル・フィジックス」誌で発表された。

ローブ氏によると、人間が地球外文明と出会えていない理由はここにこそある。宇宙では異なる時期に地球外の文明または生命が発生するという。

先に伝えられたところによると、火星探査車「キュリオシティ」により送られてきた火星の写真に、UFO愛好家は古代の貝殻を見つけた

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала