国防省、装備に採用されたロシアのレーザー兵器について説明

ロシア軍はすでに従来ファンタジーと考えられていた新しい物理的原理に基づく武器のサンプルを受け取った。その一つがレーザー兵器だ。国防次官ユーリイ・ボリソフ氏が述べた。

Tupolev Tu-22M3 Backfire strategic bombers - Sputnik 日本
ロシア軍機「ダーイシュ」の大型施設を爆撃
「これはエキゾチックな話でも実験用のものでもない。訓練用サンプルだ。私たちはすでにレーザー兵器の個別のサンプルを採用している」。

このようなハイテク兵器は多くの点で2025年までの新しい国家軍備状態プログラムの下でのロシア軍の相貌を決定する。

新しい物理的原理に基づく武器(ONFP)というのは、通常兵器や大量破壊兵器には適用されない物理的プロセスや現象に基づいた開発品を意味している。現在ONFPにあたるのはレーザー、高周波その他一連の種類の武器である。

先に伝えられたところによると、NATO欧州連合軍最高司令官を務めるカーティス・スカパロッティ陸軍大将が、ロシア軍の軍事ドクトリンと進歩に感銘を受けた

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала