原油価格、再び「レッドゾーン」に

市場での供給過剰の懸念が高まり金曜、世界の原油価格が再び「レッドゾーン」に入っている。

日本時間13時48分、ブレント北海混合10月先物は0.99%減のバレル当たり43.85ドルに。 WTI原油9月先物は0.91%減のバレル当たり41.55ドルになった。

原油価格は昨夜、米エネルギー省のガソリン備蓄の削減に関する発表を受け、2.5%上昇した

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала