専門家:間もなく脳さえハッカーから守らなければならなくなる(動画)

脳に移植された電子機器が近々に当たり前になる可能性がある、と科学者たちは語っている。

すでに脳波を用いて脳の活動を記録し、思考するだけで四肢を動かせるバイオセンサーが実現している。

同時に、脳コンピューター型インターフェイスは、「侵入」される恐れがあり、非常に危険であるという。

ワシントン大学のバイオロボティクス研究室の電子工学者ハワード・チジェク氏は、近い将来サイバー犯罪者が人間の知性に直接入り込むことができるようになるというシナリオもあり得るとしている。

「実際、残された時間は少い。早急にこの問題を解決しなければ手遅れになる」と同氏。

先に伝えられたところによると、ドレクセル大学の研究者は血管を通って薬品を届けるため使われる予定のナノロボットを披露した。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала