中国爆撃機、南シナ海の係争中の島々の上空を飛行

南シナ海の係争中の島南沙諸島で数機の爆撃機CY-30及びH-6含む中国空軍機がパトロール飛行を行った。

日本外務省 中国の艦艇が係争諸島周辺で「特異な航行を行った」 - Sputnik 日本
日本外務省 中国の艦艇が係争諸島周辺で「特異な航行を行った」
その中には戦闘機、空中給油機、早期警戒管制機も含まれていた。いくつかの空軍基地から離陸が行われた。

パトロールの目的は、制空権維持のスキルと空中での防衛および攻撃の実施のテストであった。

先に伝えられたところによると、尖閣諸島(中国名:釣魚島)周辺の接続領域に230ほどの中国漁船と中国海警局の船6隻がいたことを受けて、日本は中国に1日で2度目の抗議をした

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала