学説:金星は太陽系で初の居住可能な惑星だった

© AP Photo / MTI, Peter Komka金星
金星 - Sputnik 日本
米国とスウェーデンの研究者が金星で生命に適した環境が存在した条件の可能性を言い、金星では古くは居住可能だった可能性があると認めた。論文は科学誌「Geophysical Research Letters」に掲載されており、サイト「arXiv.org」で閲覧可能だ。

太陽 - Sputnik 日本
NASA、太陽を攻撃した彗星をいかに太陽が爆破したかを世界に公開 (動画)
もし金星が現在より16地球日ゆっくりと回っており、大気と表面温度が地球のものと似たものであったら、古くは46%~70%高かったとされている、太陽から放射されるエネル ギーの強さを表す量であるソーラーフラックスの上昇もあったかもしれないと論文では書かれている。

研究者によると、およそ7億1500万年前、金星の気候は生命に適したものではなかっただろうという。しかし、金星表面に初めから浅い海洋ですら存在していたならば、さらに古い時代に液体の水が存在し、原始的な生命にとって適した環境があった可能性がある。

先に伝えられたところによると、ケレス内部で巨大核が発見された

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала