ブラジルで最も美しいお尻

リオデジャネイロで世界の名選手らが首位を争っている間、サンパウロも手をこまねいてはいない。ここでは誰が一番魅力的で「そそる」Gスポットの持ち主かをめぐって、美女たちがしのぎを削っている。
© REUTERS / Paulo Whitaker「ミス・ブンブンン」とはもっとも美しいお尻を競う戦い。2011年、企業家のカカウ・オリヴァー氏が2011年に考案。
ミス・ブンブンの参加者たち - Sputnik 日本
1/7
「ミス・ブンブンン」とはもっとも美しいお尻を競う戦い。2011年、企業家のカカウ・オリヴァー氏が2011年に考案。
© REUTERS / Paulo Whitakerファイナルに残ったのは27人の美「尻」ガール。26の州と1連邦管区から選び出されたつわものたち。
ミス・ブンブンの参加者たち - Sputnik 日本
2/7
ファイナルに残ったのは27人の美「尻」ガール。26の州と1連邦管区から選び出されたつわものたち。
© AFP 2022 / Miguel Schincariol優勝すれば5万リラ(2万2千ドル相当)の賞金がもらえ、あっという間に有名になれる。
ミス・ブンブンの参加者たち - Sputnik 日本
3/7
優勝すれば5万リラ(2万2千ドル相当)の賞金がもらえ、あっという間に有名になれる。
© AFP 2022 / Miguel Schincariol現在、ミス・ブンブンのタイトルを握るのはスージー・コルテスさん。
ミス・ブンブンの参加者たち - Sputnik 日本
4/7
現在、ミス・ブンブンのタイトルを握るのはスージー・コルテスさん。
© REUTERS / Paulo Whitakerミス・ブンブンコンテストは幾度となく槍玉に挙げられてきた。2013年、TV4放送のデージー・ドノヴァン記者は同コンテストは「女性の退廃」をアピールするもの、「デンタルフロス」を身に着けただけのコンクール参加者は見るに耐えないと痛烈な批判。
ミス・ブンブンの参加者たち - Sputnik 日本
5/7
ミス・ブンブンコンテストは幾度となく槍玉に挙げられてきた。2013年、TV4放送のデージー・ドノヴァン記者は同コンテストは「女性の退廃」をアピールするもの、「デンタルフロス」を身に着けただけのコンクール参加者は見るに耐えないと痛烈な批判。
© AFP 2022 / Miguel Schincariolコンクール参加規則では自然なお尻が尊ばれ、インプラントやボトックス、化学薬品の使用は禁止されている。
ミス・ブンブンの参加者たち - Sputnik 日本
6/7
コンクール参加規則では自然なお尻が尊ばれ、インプラントやボトックス、化学薬品の使用は禁止されている。
© REUTERS / Paulo Whitakerコンクールの結果は12月9日に発表される。
ミス・ブンブンの参加者たち - Sputnik 日本
7/7
コンクールの結果は12月9日に発表される。
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала