新テクノロジー - Sputnik 日本
IT・科学
SNSから最先端テクノロジーまで

世界初の妊娠男性、子宮切除を決める(写真)

© Flickr / Teza Harinaivo Ramiandrisoa世界初の妊娠男性、子宮切除を決める
世界初の妊娠男性、子宮切除を決める - Sputnik 日本
世界初の妊娠男性として3人の子供を生んだことで知られるアリゾナ州フェニックス市の居住者は、子宮切除を決めた。

​トーマス・ビッティ氏は2013年に性転換を開始。ホルモンを摂取したが女性の生殖器官を残すことを決定し、結果3人の子供を出産することができた。

しかし再婚後、最終的に男性になることを決めた。しかし第二の伴侶との間に4番目の子を望み、精子バンクに保存していた自身の胚を使って体外受精することにした。

現在、真の男性になるべく、子宮除去手術を準備している。

先に報じられたところによると、ロンドン都心でヌーディスト用の日サロが開いた

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала