韓国大統領、日韓関係は将来を見据えたものであるべき

© REUTERS / Lee Jung-hoon/Yonhap韓国大統領、日韓関係は将来を見据えたものであるべき
韓国大統領、日韓関係は将来を見据えたものであるべき - Sputnik 日本
韓国と日本は、将来を見据えた関係を構築するため力を傾けるべき。韓国のパク大統領は日本の植民地からの独立解放71周年を祝う8月15日の光復節で行った演説でこう語った。

竹島/トクトの稀な現象:なぜ日本は韓国を怒らせるのか - Sputnik 日本
韓国議員団、日本からの独立を祝う日に竹島を視察
パク大統領の演説は日本に対する厳しい表現を避けており、日本植民地時代の慰安婦問題に関する合意締結後の二国間関係の改善の証拠と評価された。

安倍首相も戦争の惨劇を繰り返さぬよう呼びかけたが、一方で戦時中に日本が近隣諸国に対して行った攻撃については言及を避け、日本は将来戦争を行わないという約束にとどまった。15日、共同通信が報じた。

「あの、苛烈を極めた先の大戦において、祖国を思い、家族を案じつつ、戦場に倒れられたみ霊、戦禍に遭われ、あるいは戦後、はるかな異郷に亡くなられたみ霊、皆さまの尊い犠牲の上に、私たちが享受する平和と繁栄があることを、片時たりとも忘れません。」

世界中から平和憲法の改憲を行おうとする試みに対して非難されている安倍首相は、終戦記念日の今日、東京の武道館で行われた全国戦没者追悼式で式辞でこう述べた。

これと対照的に昭仁天皇のほうが安倍首相よりもより反省の度合いが強い演説を行っている。天皇は同く追悼式に列席し「戦争の戦争の惨禍を決して繰り返さない」と述べた。

先に伝えられたところによると、韓国大統領、北朝鮮に一日も早い核軍縮を訴える

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала