東京とソウルを和解させようとするワシントンの取り組みを破壊する歴史

戦争の再発を防止するよう安倍首相が第二次世界大戦における日本の降伏から71年年目となる日に訴えた。しかし、アジアの近隣諸国に対する侵略に言及せず、日本が将来戦争を行わないことも約束しなかった。

THAAD - Sputnik 日本
韓国野党議員ら、中国でTHAAD批判展開にしりごみ
日本のイベントが追悼的であったのに対し北朝鮮と韓国のそれは祝祭的だったことを指摘した専門家らはこれを見過ごさなかった。しかもイベントの前夜に韓国議員グループがトクト(竹島)を訪問した。日本は外交ルートを通じて訪問停止を求めたが受け入れられず。互いの言い分を聞こうとしない東京とソウルの姿勢は歴史的な日付に特に明らかとなった。ロシア科学アカデミー経済研究所朝鮮研究プログラム代表ゲオルギイ・トロラヤ氏がスプートニクに語った。

「両国の関係はまだ思わしくなく、歴史的な日付は火に油を注ぐだけだ。過去数年間、アジア太平洋地域における二つの主要な同盟国である韓日を仲良くさせようとする米国の努力にもかかわらず、韓国のパク大統領と日本の安倍首相はほとんど会談しなかった。東京とソウルの間の齟齬をせめて少しでも埋める機会は最近になってやっと訪れた。きっかけは日本がいわゆる「従軍慰安婦」問題を政府レベルで認めたことだ。

そして、被害者らに金銭的補償を支払うことも決められた。この問題は解決されたかに見えた。しかし、日本政府の行動は遅きに失したようで、韓国の世論は理解をもってこれを受け止めなかった。女性らの名誉と尊厳はまだ回復されていないとして、韓国人の大半がこの取引を不名誉なものとしている。存命の被害者は非常に少ないので、抗議はそれほど頻繁にではないが、続いている。韓国の反日感情はまだ非常に強い。トクト(竹島)に対する日本の領土要求に関してもそうだ。したがって、歴史的な日付は両国でナショナリズムの感情を喚起する。日本がますます本格的に軍国主義化を進め天皇の権力を回復させようとしている今日ならなおのこと。すべての日本の近隣諸国で不安と深刻な政治的懸念が呼び起こされている」

中国海軍 - Sputnik 日本
中国、海上の民族戦を準備?
ワシントンはこの懸念を軽減するために、共通の脅威に対して地域の同盟国を結集しようとする試みをあきらめていない。共通の脅威は公には通例北朝鮮からのミサイルや核の脅威とされる。最近では、ソウルが建設しようととしている米国のレーダーによって収集された諜報情報を交換する日韓合意が結ばれた。韓国のレーダーや対ミサイルシステムの配備に対する抗議は非常に強く、パク大統領が弾劾で脅かされる事態にもなった。また、北京とソウルの関係も悪化した。韓国への米国ミサイル防衛システムの配備には実際は中国というファクターが大きいからだと専門家。

「誰かを敵に回して友情を結ぶことは日本と韓国はあまり望んでいない。しかし、ワシントンとの関係は、ソウルと東京双方にとって国家安全保障の基盤である。そして、この三国同盟で米国が主要な役割を果たしいる間は、何かが変わることはほとんど期待できない。米国がこの米日韓三角ブロックを強化するためにどこまでのことができるかは、まだ将来の問題だ。また、次の米政権に依存する。もし米国の新大統領がトランプ氏になると仮定した場合、彼は既にあけすけに、同盟国を支援する気はない、と述べている」

多くの専門家はトランプ氏の発言を大統領選挙戦でのレトリックととらえている。中国ファクターを背景に、ワシントン、東京、ソウルの戦略的関係は安泰であると。しかし、近い将来、日韓がさらに歩み寄りをする前提条件もまた存在しない、とゲオルギイ・トロラヤ氏。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала