日本学者、非喫煙者の肺にすらガンを引き起こす遺伝子を発見

日本の学者が女性や非喫煙者に多いタイプの肺がん発症リスクを高める6つの遺伝子を発見した。朝日新聞が報じた。

高齢者 - Sputnik 日本
永遠の命、夢か、全宇宙の破滅か?
国立がん研究センターのデータによると、免疫反応に関わる6つの遺伝子のわずかな違いが、EGFR遺伝子における変異によって引き起こされる肺腺がん発症に影響するという。

3173人の肺腺がんを発症した患者と、1万5158人の未発症者の遺伝情報が比較された。

実験の結果、問題の6つの遺伝子のうち1つで違いがあれば、このタイプの肺がんの発症の可能性が19%から42%増加する。また、違いが多くの遺伝子で見られた場合、発症リスクはさらに高くなる。

研究者によると、得られた結果は高いリスクのグループの人の早期発見につながるという。

先に、サメの血液に含まれる抗体で癌患者の細胞を破壊することができると報じられた。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала