WADAへの情報提供者ステパノワ氏 命の危険を訴え

© Sputnik / Elena Sobol / フォトバンクに移行ステパノワ
ステパノワ - Sputnik 日本
WADA(世界アンチドーピング機関)に情報を提供したロシアの陸上選手、ユリヤ・ステパノワ氏は「私と夫は、自分達の命を心配している」と述べた。AP通信が伝えた。

ドーピングをめぐる米国のシナリオ、日本も犠牲になっていた - Sputnik 日本
ドーピングをめぐる米国のシナリオ、日本も犠牲になっていた
ステパノワ氏は、次のように述べた-

「もし私達にないか起きたとしたら、それは偶然ではないと考えてほしい。私達は、自分達の安全を守るためにあらゆることをしている。居場所を移動しているのもそのためだ。しかし同時に私達は、もし誰かが、実際私達に何かをしたいなら、それは可能だとも思っている」。

さきにステパノワ氏は「自分の居場所についてWADAに伝えている私の電子メールやADAMSのアカウントは、ハッキングされている」と語った。

彼女の代理人は、この事は、誰かがステパノワ夫妻の移動について知りたいと望んでいることの証拠である、と考えている。

ユリヤ・ステパノワ氏が、夫のヴィターリイ氏と共に伝えた情報が、ドイツのテレビARDが制作したロシアの陸上界におけるドーピング・スキャンダルに関する特別番組の根拠となった。その後、国際オリンピック委員会は、リオデジャネイロ五輪へのロシアの陸上選手の出場を除外すると発表している。

なおステパノワ氏は、国際オリンピック委員会の決定は公正ではないとし、判決を見直すよう求めている。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала