米国 ゴキブリは暑いと飛ぶ

米国の昆虫学者が、なぜ北部のゴキブリはより頻繁に飛ぶのかを説明した。米国メディアDNAInfoのブログで報じられた。米国自然史博物館の昆虫学者ルイス・ソーキン氏は次のように述べている。

米国人、沈む車から女性と犬を助ける - Sputnik 日本
米国人、沈む車から女性と犬を助ける(動画)
「暑いほどより簡単に自らの力を使うことができ、ゴキブリは飛び始める」

米南部の州ではワモンゴキブリ (Periplaneta americana)は主に農村地帯に生息しており、餌を探して常に飛ぶよう余儀なくされている。ニューヨークや他の大都市のゴミ捨て場の豊富さは、地元のゴキブリが飛ぶ必要をなくしたことにつながった。普通、彼らは羽を使わない。しかしゴキブリにとってより慣れている熱帯環境では飛行を簡単にする。

先に伝えられたところによると、「ゴキブリ乳」は未来の食べ物になる可能性があると報じられた。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала