スウェーデン外相の子どもとのセックスについての発言がトルコで外交スキャンダルを引き起こした

© AP Photo / Annika Af Klerckerマルゴット・ヴァルストローム外相
マルゴット・ヴァルストローム外相 - Sputnik 日本
スウェーデンのマルゴット・ヴァルストローム外相がツイッターで、トルコ政府に15歳以下の子どもとの性行為許可を取りやめるよう呼びかけた後、トルコ外務省が同国首都アンカラでスウェーデン大使を呼び抗議した。月曜日15日、スウェーデン紙『The Local』が報じた。

​この出来事の前にオーストリア・ウィーン空港で、トルコで15歳未満の児童との性的関係が許可されたとのうその情報を流す電子掲示板が現れた。この情報はトルコ外務省の介入後消された。これを受けて、トルコ外務省はオーストリア大使を呼び抗議した。

トルコのチャヴシュオール外務大臣発議のように声明した。

「外務大臣が信用の置けないニュースや作り話を基にこのようなツイートをするとは、これは本物のスキャンダルだ」

8月はじめトルコの最高裁判所は、暴行の各ケースは別々に考慮されるべきだという決定を取った。最高裁判所は、決定の理由として、4歳の児童を暴行した犯罪者が15歳の少女と性的関係を持った20歳の男性と同様の刑罰を受けることは容認できないと述べた。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала