リオ五輪に出場した富豪選手ベスト5に日本選手

リオデジャネイロ五輪には、大変な収入を誇る選手達が、かなり多く参加している。ロシアのポータルサイト「ミール24」は、最も豊かな有名オリンピック選手のリストを発表した。

ロシアの体操選手であるアリーヤ・ムスタフィナ氏 - Sputnik 日本
「なぜオリンピック選手は、メダルをかじるのか」英紙が明らかに(写真)
第一位は、バスケットボールのケビン・デュラント選手(米国・27)で、彼は、昨年5600万ドル以上を稼ぎ出した。

続く第二位は、テニスのノヴァク・ジョコヴィチ選手(セルビア・29)で、昨年の収入は、ほぼ5600万ドルだった。そして第三位には、彼のライバルであるラファエル・ナダル選手(スペイン・30)が入った。昨年の収入は、3750万ドル強だった。

第四位には、地元ブラジルのサッカーの大スター、ネイマール・ダ・シウバ・サントス・ジュニオール選手(24)で、昨年の収入は3750万ドルだった。

さて第五位だが、男子テニスでナダルを破り銅メダルに輝いた錦織圭選手(26)が堂々ランク入りを果たした。昨年彼は、絶えずケガに悩まされながらも、コートで350万ドル、残りはスポンサー料で稼ぎ出した。

先に伝えられたところによると、ブロガー達は、リオ五輪で最もセクシーな女性選を選んだが、ロシアのダリヤ・クリシナ選手が、そのリストのトップに入っていることが分かった。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала