日本のオーディオマニア、きれいな音のため個人用変電器を設置(写真)

82歳の森田武男氏はオーディオマニア。6万ドルするアンプのほか、劇場で使われていた1960年代のドイツ製スピーカー、金と銀を使用しているオーディオケーブルなどを所有。しかし、その音質は、まだ満足のいくものではなかった。そして、 「汚い」電気から解放されるために、同氏は個人的な変電器を設置することを決定した。ウォール・ストリート・ジャーナルが報じた。

​電柱の設置に氏は1万ドル支払ったが、今や家には「きれいな」電気のみが入っており、それがオーディオシステムのポテンシャルを完全に開花させると氏は確信している。

「今はまるでクイーンが私のためだけにこの部屋でプレイしているように聞こえる」

先に、米ロサンゼルス郡当局は億万長者が対象の税を導入し、収集した資金をホームレス救済に向ける計画と報じられた。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала