フランスのボランティア、難民に残飯を与えることを提案

© Sputnik / Segey Stroitelev / フォトバンクに移行フランスのボランティア、難民に残飯を与えることを提案
フランスのボランティア、難民に残飯を与えることを提案 - Sputnik 日本
ボランティアのパトリス・ジュボスク氏が 病院の食堂で出た残飯をパリの街角やカレーとグランドサンタの「ジャングル」にいる難民達に全て与えるのを提案する署名を開始した。 スプートニクのインタビューで述べた。

中国人観光客 間違って移民キャンプで2週間過ごす - Sputnik 日本
中国人観光客 間違って移民キャンプで2週間過ごす
「難民たちは悲惨な状況にいる。我々は飢餓の問題に直面している。水不足は本当に基本的な問題だ。パリに住むことは最悪のキャンプに暮らすことに等しい」

署名はすでに5万通集まった。パリ国立病院施設局長マルティン・ヒルシュ氏に病院の食堂で出た残飯を配ることを求めるものだ。

「私には見て見ぬふりをすることはできない。パリを歩けばカフェテラスで食べる人と、テラスとテラスの間でマットレスに座っている子供を連れた家族を見るだろう。彼らには食べるものがない。こんな世界には生きられない」とジュボスク氏。

先に伝えられたところによると、難民家族には無料で提供された住宅が気に入らなかった家族もいる。彼らはハンガーストライキを始めると脅している

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала