米国、スピード違反の聾唖ドライバーを警官が射殺

ノースカロライナ州で警官が聾唖者のドライバーを射殺。

米国で警官が自閉症患者を介助していた丸腰のアフリカ系米国人を負傷させる - Sputnik 日本
米国で警官が自閉症患者を介助していた丸腰のアフリカ系米国人を負傷させる(動画)
射殺された聾唖者はボルボに乗って走行中にスピード違反を起こしたため、これを見つけた道路警察は罰金を科そうとシグナルを発しながら追跡した。ところがドライバーにはシグナルの音が聞こえないため、接近したパトカーと接触事故が起きてしまった。

ドライバーは車を降りて、身振りで説明を試みたが警官はドライバーを射殺。ドライバー死亡した。

先に伝えられたところによると、7月17日夜、米ルイジアナ州のバトンルージュ市で銃撃事件が発生。これにより警官3人が射殺されたほか、少なくとも7人の負傷者がでている。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала