インドネシア沖でM5,8地震発生

インドネシア沖で、マグニチュード5,8の地震が発生。米国地質調査所が発表した。

ミャンマー中部でマグニチュード6.8の地震 - Sputnik 日本
ミャンマーでM6.8の地震、インドやタイでも揺れ
地震があったのは、協定世界時(UTC)で13時48分(日本時間で22時48分)。震源地は、スンガイペヌから西に176キロ、震源の深さは17.1キロだった。

人的物的被害についての情報は届いていない。また津波警報も発令されていない。

インドネシアは、地震活動が最も活発なゾーンに位置し、所謂「環太平洋火山帯(強力なテクトニック断層)」の一部をなしている。この火山帯に属する場所には、最も活動的な構造プレートが通っており、ある場所では一年間に7センチのスピードでプレートが移動している。なお毎年ここでは、マグニチュード4,0以上の地震が6千から7千回も記録されている。

地震の関連ニュースはここちら

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала