交通渋滞が健康に与える主要なリスクが特定される

© AFP 2022 / Yoshikazu Tsuno大渋滞
大渋滞 - Sputnik 日本
科学者らは、交通渋滞の間にエアコンをつけたままにすることが運転手の健康に有害な化学物質の影響を最大化することを突き止めた。「環境科学:プロセス&影響」誌で報告された。

「がん村」:経済成長の代価に中国が支払う健康(写真) - Sputnik 日本
「がん村」:経済成長の代価に中国が支払う健康(写真)
窓を閉めてエアコンをかけ続けると車内の汚染された空気から毒性化合物が吸引されることにより有害物質が高濃度化する。

赤信号で車を停止する場合にはアイドリング、加速と減速という、車の集積により多大な排出につながる異なるサイクルを通過する。渋滞中の運転手は、たとえ低速でも道路上を走行している時よりも29倍以上強い汚染物質の影響を受ける。

論文筆頭著者のプラシャント・クマル氏は渋滞ではなるべく窓が閉まっているときはエアコンをオフにしておくことを勧めている。先に伝えられたところによると、中国当局が環境汚染対策を試みているが、依然として小さな町のことは見てみぬふりを続けている。

先に伝えられたところによると、メキシコシティの環境委員会によると、大気の質は現在非常に劣悪と評価され、大気中の汚染物質が広がりやすい条件が整っている。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала