国連:日本はほかの先進国より自然災害こうむるリスク高い

日本は地震や洪水の可能性が高い地域に位置しているため、ほかの先進国に比べ自然災害を被るリスクが高い。毎日新聞が国連大学が25日に発表した報告書を引用して報じた。

地震 - Sputnik 日本
学者グループ 米国での大地震と津波を警告
報告書によると、調査された171カ国中で、自然災害リスクの世界ランキングで17位を占めるという。最もリスクが高いのは、南太平洋に浮かぶ島国バヌアツで、その後をトンガやフィリピン、バングラデシュといった途上国が続く。

レーティングは地震、サイクロン、洪水、干ばつ、海面上昇の5種類の災害と関係したリスクの可能性を考慮した指標によって作られた。日本はフィジーに続き17位を占め、米国は127位、英国は131位、駐号は85位だった。自然災害リスクが最も低い国はカタールだった。

先に伝えられたところによると、日本の文部科学省は、南海トラフ全域での海底の断層の綿密な調査に着手する

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала