人工知能ロボット、人種差別主義者であることが判明

ロボットは白人固有の名前を「快」、黒人固有の名前を「不快」と判断した。

セックスロボット - Sputnik 日本
英国でセックスロボットの売春宿オープンへ
米プリンストン大学の研究者らは、人工知能は人種差別の兆候を示す可能性がある、ということを突き止めた。デイリーメールが報じた。

使用されたのは自己学習人工知能システムGloVe。文章分析により成長し、単語間の関係を調べるものだ。連想システムの課題としてたとえば「家族」「事故」という言葉から「快」「不快」を分けることを命じられた。

名前の判別にさしあかり、専門家らは、ロボットの反応にショックを受けた。ロボットは白人の名前を「快」とし、アフリカ系アメリカ人の名前を「不快」な単語のカテゴリーに入れた。

先に伝えられたところによると、戦闘ロボットが「未来の兵士」の装備の一部となる。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала