原油価格見通しが半年ぶりに下方修正

© Flickr / Carsten ten Brink石油
石油 - Sputnik 日本
ロイターに質問された業界アナリストは2月からはじめて原油価格見通しを下方修正した。アナリストはOPECの原油増産凍結合意の見通しは未だ不透明であると見ている。

サウジアラビア、最多原油生産を記録 - Sputnik 日本
ロシア、石油採掘量でサウジにトップを譲る
2016年の原油価格予想の、ロイターに質問された34人のアナリスト、経済学者のコンセンサスは、1バレル=45.44ドルとなった。7月時点での予想は1バレル=45.51ドルだった。これは5ヶ月連続で見通しが上方修正されたあと初めての半年ぶりとなる見通しの下方修正であるとロイターは指摘している。

16年はじめからのブレント原油平均価格は1バレル=42.59ドルとなった。1月には13年ぶりの最安値1バレル=27.10ドルまで下がり、6月には8ヶ月ぶりの最高値1バレル=52.86ドルまで上がった。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала