登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

ロシア レーザー兵器搭載新世代飛行機を開発

© REUTERS / Russell Cheyne ロシア レーザー兵器搭載新世代飛行機を開発
ロシア レーザー兵器搭載新世代飛行機を開発 - Sputnik 日本
フォローする
ロシアはレーザー兵器を搭載している新世代戦闘機を開発していると、マスコミが 軍産複合体筋の情報を基に報じた。

新型軍用キャタピラロボット「ソラトニク」 - Sputnik 日本
カラシニコフ社 新型軍用キャタピラロボット製造
情報筋は次のように述べた。

「新世代空中発射レーザーシステム開発が行われている」

情報筋によると、これは公開情報で知られているА-60という機体だという。

空中レーザー製造はソ連時代から挑戦されていたという。空中レーザー開発は米国でも行われていたが、2011年、ボーイングの空中発射レーザー・ミサイル迎撃機 YAL-1製造計画は中止された。

機体の課題の1つは、仮想的の軍事衛星の無力化だ。

先に伝えられたところ、米誌ナショナル・インテレストはロシアの戦闘機Su-35を「空の王」と呼んだ。

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала