登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

「東京-2020」組織委員会 かくれんぼ世界選手権に関心を示す

フォローする
もしかしたらポケモンはもう必要ないのか?イタリア北部のゴーストタウン、コンソンノで9月4日、かくれんぼ世界選手権が行われた。

ボルシチ - Sputnik 日本
スプートニク、ロシア料理のクッキングショーの開始秒読み
イタリアでは2010年からかくれんぼ世界選手権が開かれている。当初、参加者はイタリアチームのみだったが、今年はフランス、スイス、ベルギー、米国を含む64チーム合わせて320人が参加した。

かくれんぼ世界選手権は2015年までベルガマスコで開催されていたが、今年は場所を移してゴーストタウンのコンソンノで開かれた。建設者らによって町が破壊され、住民たちは1960年代にコンソンノから去ったが、新たな建設計画は実現されなかった。

世界選手権のアイデアは自然に生まれたという。主催者の1人、シモン・モンタナリさんは「あるとき私たちは、私の誕生日を祝い、子供の頃のようにかくれんぼをはじめた。そしてもっと大々的に取り組んでもいいんじゃないか?かくれんぼ世界選手権を開催するのはどうだろう?と考えた」語った。

かくれんぼは子供の遊びだと思っていたら、それは大間違いだ。主催者たちによると、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会も、コンソンノのゲームに関心を示したという。主催者たちは、世界で最も普及している遊びは自分たちのかくれんぼ世界選手権とほぼ等しいとし、大人も休日にはかくれんぼを楽しむに値するとの見方を示し、「かくれんぼは全ての人を解放する。これが我々の哲学だ」と語っている。

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала