登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

ダーイシュ戦闘員、アレッポの最後の大型拠点を放棄

フォローする
テロ組織ダーイシュ(イスラム国、IS)の戦闘員がシリア北部の町アル=バーブから撤退していると9日、英国メディアが目撃者とクルド人記者らの情報をもとに報じた。

シリア議会議長:シリア危機は終わりに近づいている - Sputnik 日本
シリア議会議長:シリア危機は終わりに近づいている
アル=バーブから武器を積んだ数10の車が出て行っており、テロリスト自身は町で最も重要な施設であった元警察本部、武器諸倉庫、裁判所を放棄した。

隣の町ハフサへ撤退する決定は、クルド人民兵、シリア政府軍、そしてトルコの支援を受けるシリア反体制派がアル=バーブへ接近していることを受けてとられた。

アル=バーブは2014年10月からダーイシュの管理下にあった。これはアレッポ県で最後の大型拠点だと見られている。

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала