天文学者 ブラックホールが生まれる過程を初めて目にする

© Fotolia / Petrovich12天文学者 ブラックホールが生まれる過程を初めて目にする
天文学者 ブラックホールが生まれる過程を初めて目にする - Sputnik 日本
天文学者たちは、ブラックホールが生まれる過程を初めて目にした。

小惑星 - Sputnik 日本
隕石がキプロスで地震を起こした(動画)
ブラックホールが形成される過程の観測を手助けしたのは、ハッブル宇宙望遠鏡が撮影した画像。このブラックホールは、はくちょう座で生まれた。

学者たちは、地球から2200万光年離れた質量が太陽の25倍以上の星を観測した。星は2009年10月20日に消えた。

ハッブル望遠鏡は星が消えた場所の撮影を続けた。そして7年後、望遠鏡の画像で星が爆発し、その場所にブラックホールが誕生していることが確認された。これは天体の質量が太陽質量の20倍から25倍であるために起こった。

このような星は消滅後、超新星を起すために十分なエネルギーを生み出すことができず、その代わりにブラックホールとなるという。

先に伝えられたところによると、ロシアの研究者らは地球の核の移動を捕捉することに成功したと発表した。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала