登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

ドーピング使用のケニア人選手、リオ・パラリンピックへの参加を許される

© Sputnik / Maksim Bogodvid / フォトバンクに移行パラリンピック
パラリンピック - Sputnik 日本
フォローする
ケニアの重量挙げ選手ガブリエル・マグー・ワンジク氏はドーピングが検出されたにもかかわらずリオ・パラリンピックへの参加を許された。

女性審判員 サッカーファンから「皿でも洗いに行け」と言われて試合を中断 - Sputnik 日本
女性審判員 サッカーファンから「皿でも洗いに行け」と言われて試合を中断
ドーピングテストは競技の行われない期間であった7月29日に行われた。体内に禁止薬物の痕跡が発見された。

しかし、選手は、咳止め薬に禁止物質が含まれていただけだと主張。国際パラリンピック委員会はこの誤飲説を認め、懲戒処分にとどめた。

先に伝えられたところによると、スポーツ仲裁裁判所(CSA)はロシア・パラリンピック委員会の訴えを却下し、ロシア人選手らの2016年リオ・パラリンピックへの参加を禁じた

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала