フランス、クリミアに牡蠣の養殖場設立の計画

フランス企業がクリミアに牡蠣養殖場を建てる。「クリミア海産物」社のCEO兼共同所有者ディオニシー・セバスチャノフ氏が発表した。

択捉島 - Sputnik 日本
「クリルは私たちのものだ!」露日国民の世論は両政府の立場より強硬
セバスチャノフ氏は、ロシア側が経験と技術、施設、また最初に建設のためクリミアに来る用意がある専門家を有するフランス企業を選んだと述べた。
氏は次のように付け加えた。

「今日、我われは契約調印段階にある」
氏の情報によると、建設区画はすでにクリミア政府により承認済みだという。牡蠣養殖場はイェウパトーリヤ自治体に属するドヌズラフ湖に、貝類の養殖場を基に作られる。

自前の養殖場建設により、特にフランスやスペインなど海外での牡蠣の子どもの購入をやめることができるようになるとセバスチャノフ氏は述べている。

先に伝えられたところによると、7月末、ティエリ・マリアーニ氏率いるフランス国民議会の議員11人がクリミアを訪問し、ロシア下院CIS問題委員会のスルツキー委員長が同行した

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала