30トンの隕石発見、アルゼンチン(写真)

© Fotolia / Johan Swanepoel30トンの隕石発見、アルゼンチン
30トンの隕石発見、アルゼンチン - Sputnik 日本
総重量3万800キロの隕石がアルゼンチンで発見された。専門家は、地球で見つかった隕石で2番目に大きいと断言している。発見されたのはアルゼンチンのチャコ州、ブエノスアイレスから南西に1000キロのところだ。サイエンス・アラートが報じた。

​隕石は約4000年前の流星群のときに地球に衝突したと見られている。地球で発見された最大の隕石は1920年ナミビアで発見されホバ隕石のままにとどまった。ガンセド隕石と名づけられた今回の隕石が見つかった場所は、3×20キロの領域に少なくとも26個クレーターが点在している。

依然この場所では100トン以上の隕石の断片が集められた。現在学者は発見した隕石の重量と組成を調べることになる。

先に伝えられたところによると、日本の学者は、月と地震の秘密のつながりを発見した

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала