もしかしたらこの童話は大人のためのお話かもしれない…

© Flickr / Elena Gurzhiyもしかしたらこの童話は大人のためのお話かもしれない…
もしかしたらこの童話は大人のためのお話かもしれない… - Sputnik 日本
タイガの森小屋の男のもとに現れた小さなネズミ。知恵の働くネズミ「しろっぱちゃん」と闘う中で男の想像するネズミ王国が生き生きと動き出す。

作家ユーリー・コヴァーリの描く世界は独りを知る大人の男の視線で貫かれ、童話でありながら甘さがない。愛しの等身大人形を生きた女性のごとく携帯する小男の話『赤い松』など、数十年先を超越していたコヴァーリ。夭折が惜しまれる。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала