登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

ロシア最強の武器

フォローする
9月19日ロシアでは武器製造師の日が祝われる。スプートニク日本はソ連、ロシア時代に作られた武器の中で最良だと考えるものに読者様の注意を促します。
© Sputnik / Maksim Blinov戦術航空機先進航空複合体(PAK FA)T-50とは、根本的に新しい航空電子工学とフェーズドアレイ・アンテナがついた将来性のあるレーダー複合体を備えた第5世代戦闘機だ。量産開始は2017年。
戦術航空機先進航空複合体 - Sputnik 日本
1/12
戦術航空機先進航空複合体(PAK FA)T-50とは、根本的に新しい航空電子工学とフェーズドアレイ・アンテナがついた将来性のあるレーダー複合体を備えた第5世代戦闘機だ。量産開始は2017年。
© Sputnik / Igor ZaremboRPG-7とは、ロケットアシストタイプの無反動携帯対戦車擲弾発射器だ。RPG-7の主な利点は、製造の安価さ、使用の簡単さ、高い装甲貫通力、無反動であることだ。
RPG-7 - Sputnik 日本
2/12
RPG-7とは、ロケットアシストタイプの無反動携帯対戦車擲弾発射器だ。RPG-7の主な利点は、製造の安価さ、使用の簡単さ、高い装甲貫通力、無反動であることだ。
© Sputnik / Maksim BlinovMI-8とは、人員、貨物輸送に使われる中型多目的ヘリだ。同機の軍用機版であるMI-8Tは、無誘導ミサイルや爆弾といった武器を吊る支柱であるパイロンを備えている。MI-8は、中型機の中で類似機を持たない。
MI-8 - Sputnik 日本
3/12
MI-8とは、人員、貨物輸送に使われる中型多目的ヘリだ。同機の軍用機版であるMI-8Tは、無誘導ミサイルや爆弾といった武器を吊る支柱であるパイロンを備えている。MI-8は、中型機の中で類似機を持たない。
© Sputnik / Michael Klimentyevアルマータ(T-14)とは共通戦闘プラットフォームを基にした世界初の戦車で、乗組員用の装甲カプセル、アクティブ・フェーズドアレイ・アンテナ、あらゆる対戦車用弾を迎撃するアクティブ防護システムを備えている。
アルマータ(T-14) - Sputnik 日本
4/12
アルマータ(T-14)とは共通戦闘プラットフォームを基にした世界初の戦車で、乗組員用の装甲カプセル、アクティブ・フェーズドアレイ・アンテナ、あらゆる対戦車用弾を迎撃するアクティブ防護システムを備えている。
© 写真 : Sukhoi CompanySu-30とは、ロシアの超操縦性第4++世代戦闘機で、第5世代戦闘機に求められる要望の大部分を満たす。
Su-30 - Sputnik 日本
5/12
Su-30とは、ロシアの超操縦性第4++世代戦闘機で、第5世代戦闘機に求められる要望の大部分を満たす。
© Sputnik / Ramil SitdikovトーポリMとは、ソ連、ロシアの3段固形燃料大陸間弾道ミサイルRT-2PM2をそなえた移動式戦略ミサイルシステムだ。射程は1万1000キロ。
トーポリM - Sputnik 日本
6/12
トーポリMとは、ソ連、ロシアの3段固形燃料大陸間弾道ミサイルRT-2PM2をそなえた移動式戦略ミサイルシステムだ。射程は1万1000キロ。
© Sputnik / Pavel LisitsynS-300は様々な高度にある目標を迎撃する対空ミサイルシステムのシリーズで、射程は300キロ。6つまでの標的を追跡し、標的に最大12発のミサイルを発射できる初のマルチチャネルシステムだ。展開と、輸送から戦闘態勢に移る時間は5分。
S-300 - Sputnik 日本
7/12
S-300は様々な高度にある目標を迎撃する対空ミサイルシステムのシリーズで、射程は300キロ。6つまでの標的を追跡し、標的に最大12発のミサイルを発射できる初のマルチチャネルシステムだ。展開と、輸送から戦闘態勢に移る時間は5分。
© Sputnik / Evgeny BiyatovKa-52(アリガートル)は、全天候型24時間新世代戦闘ヘリコプターで、地上の標的、空中の低速の標的、敵戦闘員の殲滅のため設計された。乗組員用キャビンの装甲レベルで、同機は世界に類を見ない。
Ka-52(アリガートル) - Sputnik 日本
8/12
Ka-52(アリガートル)は、全天候型24時間新世代戦闘ヘリコプターで、地上の標的、空中の低速の標的、敵戦闘員の殲滅のため設計された。乗組員用キャビンの装甲レベルで、同機は世界に類を見ない。
© 写真 : JSC Russian Railways戦闘鉄道ミサイルシステムは、2,3の蒸気機関車と特別な車両で、外見は旅客および冷蔵車両に似ていた。2005年8月12日に最後の車両が装備から外された。
戦闘鉄道ミサイルシステム - Sputnik 日本
9/12
戦闘鉄道ミサイルシステムは、2,3の蒸気機関車と特別な車両で、外見は旅客および冷蔵車両に似ていた。2005年8月12日に最後の車両が装備から外された。
© Sputnik / Iliya Pitalevカラシニコフ自動小銃は、当時上級軍曹であったミハイル・カラシニコフの関与のもと開発され、1949年にはАК-47という名で採用された。АК-47は現在に至るまで世界106カ国の軍隊で採用されている。おおよその計算では、世界で7000万から1億500万個の様々な変更が施された派生型がある。
カラシニコフ自動小銃 - Sputnik 日本
10/12
カラシニコフ自動小銃は、当時上級軍曹であったミハイル・カラシニコフの関与のもと開発され、1949年にはАК-47という名で採用された。АК-47は現在に至るまで世界106カ国の軍隊で採用されている。おおよその計算では、世界で7000万から1億500万個の様々な変更が施された派生型がある。
© 写真 : Bellona Foundation初の戦略任務重ミサイル潜水巡洋艦「アクーラ」はセヴマシュ造船所に1976年6月に開発され、進水式は1980年9月23日に行われた。ミサイルの射程は8300キロ。発射は水上でも、水深55キロまでの水中からでも可能だ。
戦略任務重ミサイル潜水巡洋艦「アクーラ」 - Sputnik 日本
11/12
初の戦略任務重ミサイル潜水巡洋艦「アクーラ」はセヴマシュ造船所に1976年6月に開発され、進水式は1980年9月23日に行われた。ミサイルの射程は8300キロ。発射は水上でも、水深55キロまでの水中からでも可能だ。
© Sputnik / Evgeny Biyatovパーンツィリ-S1とは、地上展開のロシアの自走高射ミサイル砲複合体で、1994年に開発された。
パーンツィリ-S1 - Sputnik 日本
12/12
パーンツィリ-S1とは、地上展開のロシアの自走高射ミサイル砲複合体で、1994年に開発された。
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала