国際原油価格、米国石油協会の「備蓄増」発表を受けて着実に上昇

© Fotolia / Sergiy Serdyuk国際原油価格、米国石油協会の「備蓄増」発表を受けて着実に上昇
国際原油価格、米国石油協会の「備蓄増」発表を受けて着実に上昇 - Sputnik 日本
21日も国際原油価格は米国石油協会が国内の石油備蓄が著しく減少したと発表したことをうけて上向きな動きを見せている。

露日、エネルギーコンサルティング協議会設立を協議 - Sputnik 日本
露日、エネルギーコンサルティング協議会設立を協議
日本時間14時、ブレント原油の11月先物価格は1.24%上昇し、1バレル46ドル44セントの値をつけた。WTI原油の11月先物価格も1.7%上昇し、1バレル44ドル80セントに達している。

米国石油協会の発表では、米国内の石油備蓄は先週、アナリストらの増加予測に反して750万バレル減少している。この状況をうけて投資家らはエネルギー省の備蓄量の公式発表を待っている。アナリストらの予測では9月16日までの1週間で備蓄は335万バレル、つまり0.65%増え、5億1415万バレルに達している。

原油の関連ニュースはこちら

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала