登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

パリ近郊の森でボーイング社のパイロットが燃料数十トンを排出

© AFP 2021 / BORIS HORVAT Air France
Air France - Sputnik 日本
フォローする
パリ近郊のフォンテーヌブローの森でエールフランス機のパイロットが故障のため大部分の燃料を排出することを余儀なくされた。ル・パリジャンが報じた。

飛行中の旅客機でサムソンのスマホから発煙 - Sputnik 日本
飛行中の旅客機でサムソンのスマホから発煙
ボーイング機はオルリー空港からガイアナへ向かっていたが技術的な問題によりパリに戻った。軽量化のため燃料のほとんどを排出した。

パリから55キロのフォンテーヌブロー市長フレデリック・ヴァレトゥ氏はTwitterで憤りを示した。

「このようなことを許可するのはスキャンダルだ。年間フォンテーヌブローの森を1000万人が訪問する。国家の保護下にある自然エリアなのだ」と市長。

エールフランスも事故排出を確認しているが、事件の現場は特定していない。

先に伝えられたところによると、調査委員会はシナイ半島で墜落したロシアの飛行機であるエアバスのA321の胴体のどこで爆発が起きたかを特定した。

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала