登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

孤独感は生まれつき、その遺伝子的な原因が研究で明らかに

© Fotolia / Mark_hubskyi孤独感は生まれつき、その遺伝子的な原因が研究で明らかに
孤独感は生まれつき、その遺伝子的な原因が研究で明らかに - Sputnik 日本
フォローする
心理状態に非常にネガティブな影響を及ぼし、時にひどい欝症状や自殺未遂にまで至る孤独症状の原因が遺伝的なものであることが米国での実験で明らかにされた。

被害者学専門家「苦しみは一生続く。死刑に関する日本の自己決定、尊重されるべき」 - Sputnik 日本
被害者学専門家「苦しみは一生続く。死刑に関する日本の自己決定、尊重されるべき」
実験は年齢50歳以上の1万670人を対象に行なわれた。実験をプログラムしたアブラム・パルマー教授はこれにより孤独の遺伝上のリスクは欝症状や神経質と関連があることがはっきりしたと語っている。「似たような家族構成で付き合う社会環境も同じでも慢性的な孤独症状が出る人とでない人がいる。これこそ、遺伝的に孤独が引き起こされやすい体質が存在するという証拠で、この体質がある場合、社会的な環境がほぼ同じでもある条件が整うと孤独に陥ってしまう。」

実験の結果、孤独症状が出る人の中で遺伝子的な原因によるものは全体の37-55%であることがわかった。

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала