登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

露防衛省:ウクライナのせいでMH17機墜落の調査が嘘の証拠に沿って行われている

© Sputnik / Maksim Blinov露防衛省:ウクライナのせいでMN17機墜落の調査が嘘の証拠に沿って行われている
露防衛省:ウクライナのせいでMN17機墜落の調査が嘘の証拠に沿って行われている - Sputnik 日本
フォローする
ロシア国防省のイーゴリ・コナシェンコフ報道官は、ウクライナ側がドンバスで起きたMH17機墜落の全体像に関する、この大惨事の全体像を特定する助けになるであろう情報をわざと隠していると発言した。

コナシェンコフ報道官は次のように述べた。

「MH17機はウクライナのレーダー施設によって制御されており、防空システムもまたウクライナの航空管制の管理下にあった」

さらにコナシェンコフ報道官は、ウクライナは未だにMH17の惨劇があった日の地対空ミサイル「ブク」隊の位置に関する情報も、航空管制官たちの会話も公開していないと述べた。報道官によると、ウクライナ政府は、ウクライナの防空システムが演習時にロシア旅客機のTU154を撃墜した2001年と同じように振舞っている。

さらに3か国がマレー機MH17便墜落事故に関する国際法廷創設に賛成 - Sputnik 日本
ウクライナ上空で撃墜されたマレーシア機に関する捏造の解明が続く
さらにコナシェンコフ報道官によると、ウクライナは嘘の証拠に沿った調査を行っている

コナシェンコフ報道官は次のように述べた。

「今日、合同調査班のメンバーでいながら、ウクライナは情報提供を堂々と拒否し、調査過程を操作することで調査が嘘の証拠に沿って行われている。嘘の証拠とは、弾に関する矛盾した情報から、ミサイルの型の間違った特定と、その結果としてのミサイル発射場所の間違いまである。」

マレーシア航空MH17便(ボーイング777型機)は、2014年7月17日にウクライナ東部ドネツク州で墜落した。ウクライナは墜落について、ドンバス(ウクライナ東部・南部)の義勇軍に責任があるとして非難したが、義勇軍側は非難を否定した。

数日後、米国は、ボーイングが義勇軍の兵士たちによって撃墜されたことを物語る証拠を持っていると発表したが、未だにいかなる情報も提示していない。

事故の調査はオランダ、オーストラリア、ウクライナ、ベルギー、マレーシアの共同捜査班が行っている。

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
ディスカッション参加
には、承認または登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала