登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

鳴り物入りで日本購入の米戦闘機F-35,米国では発火

フォローする
先週金曜、23日、日本は米国から戦闘機F-35の第1機を搬入されたが、同日、本家本元の米国ではF-35が発火する騒ぎが持ち上がっている。

戦闘機F16 - Sputnik 日本
NI:ロシア機を背景にF-16は過去の遺物になっている
航空自衛隊はこの日、400人を超える貴賓の列席する壮大なセレモニーを催してF-35を迎え入れた。

杉山良行航空幕僚長はF-35について、最新のシステムを搭載した第5世代のハイテク戦闘機で航空オペレーションの発展に抜本的な変化を起こすものと大きな期待を表していた。

ところがこのF-35、日本が大歓迎の式典を執り行っているその最中に、はるか5000海里離れたアイダホ州では発火をおこしていた。

事故が起きたのはアイダホ州マウンテンホーム空軍基地。米空軍の発表によれば、発火したのは機尾部分。これによる人的被害はなかったものの、現地では事件の原因究明作業がすでに開始されている。現時点ではエンジンに問題があった疑いが濃い。

F-35のエンジンに問題があることはこれより前にも明らかにされていたが、米空軍は不具合はすべて解決されたと太鼓判を押していた

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала